転職 面接 メール お礼

転職面接の際のメールでのお礼

転職,面接,メール,お礼

最近ではこれまで以上に多くの人が自らの就業先を変える転職活動を積極的に行っています。こうした状況については、多くの企業で減収減益などの経営上に困難な状況が生じたため、それに伴う給与の減少やボーナスの廃止などの様々な人件費の削減に伴うことによるものが多く、こうしたことにより従業員のモチベーションが低下してその職場をかえるというのがこれまでの流れでした。また、それ以外の転職の理由としては、これまでの職場で仕事や人間関係を上手に行うコツを得たため、新たな職場でより高い給与やボーナスなどの金銭的なメリットを得ながら、待遇もこれまで以上に高めようという考えがあったたらといわれています。こうした様々な理由により仕事や職場を変える人が多いといわれています。特に営業職などの事務職についてはこうした傾向が高いといわれています。営業職は、自社製品をどれほど大量に販売するかが必要な能力のため、コミュニケーション能力や販売能力が高くなった場合は、新たな会社でより高い給与や待遇を求めて仕事をしたいといわれています。転職の際には、面接を受けて合格しなければなりません。面接でいい結果を残すには、お礼メールを送ることが重要です。 385

転職活動での面接:最後はあなたからの質問

転職,面接,メール,お礼

転職活動で書類審査を無事に経て、面接に辿り着いたとします。この場では採用側としてはあなたがどのような人物であるかを知る、というのが最大の目的になります。そのため様々な角度から問が発せられますので、志望動機などの定番のものから、意外なもの、答えに窮してしまうようなもの、など様々な問いかけがあります。予想できる問に対しては用意に答えることができるでしょう。しかしそれでも、志望動機を尋ねられて「貴社の将来性」などと答えた場合には、その根拠を問われる可能性が高いです。今日の経済情勢では、未来永劫続く会社などあり得ない、と誰もが考えているからです。したがって無難な回答だと思っていても、墓穴を掘ることがあるので要注意です。なお気の弱いタイプの人にありがちなのは、答えに窮するとおろおろしてしまうことです。これは性格ですので仕方がありません。相手側も様々な人物像を想定していますから、おろおろしてしまうこと自体を問題視するのではなく、答が分からなければ「勉強不足で分かりません。帰宅後に調べておきたいと思います」と謙虚に応じるのが一番です。知ったかぶりをして根拠に欠ける回答をするのは最悪のやり方です。 相手側があなたをどのような人物かを見ようとするのですから、円満で協調性がある部分をPRできればそれで大丈夫です。 そして面接の最後には、「あなたの方から何か質問はありますか」と聞いてくることが多いものです。「特にありません」ではいけません。転職活動にあたっては、業界研究や企業研究をしているはずです。その成果を、質問をすることでこの場面で披露することができます。 386